日本宗教民俗学会 本文へジャンプ
過去の例会ログ
年度別索引
→ 201220112010200920082007200620052004200320022001

(2012年度)
◎4月例会 
2012年度(第22回)大会シンポジウム 「鎮魂と供養」事前勉強会
日 時:4月21日(土)
報告者:大森 惠子氏(京都府)
内 容:御霊と鎮魂

◎年次大会
日 時:6月9日(土)
【内容】
 午前:一般研究発表
 午後:委員会・総会
    シンポジウム「鎮魂と供養」
      大森恵子氏(京都府)
      上別府 茂氏(滋賀県)
      久保田 裕道氏(東京都) 
     コーディネータ兼司会 本林 靖久氏(滋賀県)
 特別講演 木村至宏氏
       (成安造形大学附属近江学研究所所長)
   「琵琶湖 その呼称の由来」

(2011年度)
◎1月例会
日 時:1月8日(土)
報告者:奥村 隆彦 氏(大阪府)
内 容:叡尊教団と安楽律院法流寺院の近住について

◎3月例会
日 時:3月12日(土)
内 容:研究状況報告会

◎5月例会
日 時:5月14日(土)
報告者:日野西 眞定 氏(和歌山県)
内 容:高野山における西行の業績について

◎9月例会
日 時:9月10日(土)
報告者:渡邉 秀司 氏(京都府)
内 容:富士講身禄派の展開−富士信仰の歴史・身禄の「カリスマ」−

◎11月例会
日 時:11月12日(土)
報告者:本林 靖久 氏(滋賀県)
内 容:近現代にみる真宗道場と道場役の変遷−共同体の結集と交流をめぐって−

◎2011年度フィールドワーク
「隠れ念仏の郷を歩く」レクチャー:森田清美氏

◎12月例会
日 時:12月10日(土)
報告者:小嶋 博巳 氏(岡山県)
内 容:廻国供養塔から見えてくるもの−とくに渡世六部の活動をめぐって−

◎1月例会
日 時:2012年1月14日(土)
報告者:山本 義孝 氏(静岡県)
内 容:山岳信仰遺跡を読み解く―北部九州・出雲・三徳山・葛城山―


(2010年度)
◎1月例会
日 時:1月9日(土)
報告者:柴谷 宗叔 氏(和歌山県)
内 容:澄禅『四国辺路日記』の足取りの検証

◎3月例会
日 時:3月13日(土)
報告者:橋本章彦氏(大阪府)
内 容:研究史に学ぶ宗教民俗学 ―他界論を中心に―

◎4月例会
日 時:4月10日(土)
報告者:鈴木 堅弘氏(京都府)
内 容:江戸の生活文化からみる大津絵―勧進・玩具・護符―

◎5月例会
日 時:5月8日(土)
報告者:大谷 めぐみ 氏(京都府)
内 容:島根半島四十二浦巡礼の展開と性格

◎9月例会
日 時:9月11日(土)
報告者:安川 美希 氏(京都府)
内 容:近世における芦峅寺・岩峅寺間の宗教争論の課題

◎2010年度フィールドワーク
「立山方面―芦峅寺・岩峅寺・日中経塚・大岩日石寺―」
レクチャー:加藤基樹氏・福江充氏・山本義孝氏

◎12月例会
日 時:12月11日(土)
報告者:山本 順也 氏(滋賀県)、小栗栖 健治氏(兵庫県)
内 容:長命寺新出資料をめぐって
     @長命寺穀屋の歴史的展開(山本氏)
     A長命寺穀屋寺の唱導絵画(小栗栖氏)

(2009年度)
◎1月例会
日 時:1月10日(土)
報告者:山下 立氏(滋賀県)
内 容:竹生島弁才天と平方仏師

◎3月例会
日 時:3月14日(土)
報告者:高橋 平明氏(奈良県)
内 容:新出の「流灌頂法則」について

◎4月例会
日 時:4月11日(土)
報告者:福江 充氏(富山県)
内 容:幕末期における江戸の立山信仰 ―特に江戸城をめぐる立山信仰について―

◎5月例会
日 時:5月9日(土)
報告者:福持 昌之氏(滋賀県)
内 容:地域文化財としての民俗文化 ―地域の将来にとって必要なこと―

◎7月例会
日 時:7月11日(土)
報告者:山端 信祐 氏(愛知県)
内 容:近世における庶民信仰 ―愛知県東栄町の原田家の御札から―

◎10月例会
日 時:10月10日(土)
報告者:橋本 章彦 氏(大阪府)
内 容:二十四輩ミニ巡礼について ―四国瀬戸内沿岸地域を中心に―

◎11月例会
日 時:11月14日(土)
報告者:高橋 繁行 氏(大阪府)
内 容:近江の野辺送り事情

◎12月例会
日 時:12月12日(土)
報告者:加藤 基樹 氏(富山県)
内 容:立山信仰研究と「三禅定」 ―三禅定の歴史的意味と近世立山登拝の民衆化に関する検討のために―

(2008年度)

◎1月例会
日 時: 1月19日(土)
報告者:碧海寿広(慶應義塾大学院生)
内 容:「宗教民俗学の霊魂観―五来重を中心に―」
◎2月例会

 休会
◎3月例会
日 時:3月8日(土)
報告者:橋本章彦(京都精華大学非常勤講師)
内 容:「戦時下世間話のなかの神々―昭和の戦争と民俗宗教―」
◎4月例会
日 時:4月12日(土)
報告者:舩田淳一(武庫川女子大学関西文化研究センターポスドク研究員)
内 容:「中世寺院の儀礼と神仏交渉―律僧の実践をめぐって―」
◎5月例会
 臨時休会
◎年次大会
日 時:6月14日(日)
テーマ:地域(ムラ)をこえる信仰

◎7月例会
日 時:7月12日(土)
報告者: 山本義孝(静岡県)
内 容:「山岳信仰遺跡研究雑感」
◎8月例会

 休会
◎9月例会
日 時:9月13日(土)
報告者:石黒智教(愛知県)
内 容:「尾張藩の宗教行政―修験を事例に― 附 尾張の修験寺院と修験資料」

◎10月例会
日 時:10月11日(土)
報告者:殿南 直也氏(京都府)
内 容:江戸武蔵野の湧水地における弁天石造物の諸相

◎11月例会
日時:11月8日(土)
報告者:吉川 祐子氏(静岡県)
内 容:鹿島踊研究の課題 ―相模湾西海岸の鹿島踊から考える―

◎12月例会
日 時:12月13日(土)
報告者:藤田 定興氏(宮城県)
内 容:虚無僧の系譜

(2007年度)

◎1月例会
日 時: 1月13日(土)
報告者:大森惠子(京都明徳高校教諭)
内 容:「占いの民俗―特に、初春を中心にして―」
◎2月例会

 休会
◎3月例会
日 時:3月10日(土)
報告者:加藤基樹(大谷大学真宗総合研究所補助員)
内 容:「薬師信仰と滅罪―温泉薬師をめぐって―」
◎4月例会
日 時:4月21日(土)
報告者:中嶋奈津子(佛教大学大学院生)
内 容:「早池峰神楽」
◎5月例会
日 時:5月12日(土)
報告者:木場明志(大谷大学教授)
内 容:「真宗結社の民俗性」
◎年次大会
日 時:6月10日(日)
※日本民俗学会第829回談話会として開催。
内 容:日本民俗学会第59回年会公開シンポジウム「仏教と民俗」 プレ・シンポジウム

◎7月例会
日 時:7月14日(土)
報告者:菊池政和(花園大学非常勤講師)
内 容:「増殖する“御旧跡”―二十四輩参詣記と巡拝記をめぐって―」
◎8月例会

 休会
◎9月例会
日 時:9月8日(土)
報告者:松金直美(大谷大学真宗総合研究所研究補助員)
内 容:「「真宗の講」研究への一試論―近江の番方講を素材にして―」
◎10月例会
日 時:10月6日(土)
※日本民俗学会第59回年会 シンポジウム「仏教と民俗」として開催。

◎11月例会
 臨時休会

◎12月例会
日 時:12月8日(土)
報告者:根井浄(龍谷大学)
内 容:「山伏と勧進歌舞伎」

(2006年度)

◎1月例会
日 時:1月14日(土)
報告者:橋本章彦(京都精華大学非常勤講師)
内 容:「縁起・交錯する情報体―新しい研究視座への試み―」
◎2月例会
 休会
◎3月例会
日 時:3月11日(土)
報告者:堤邦彦(京都精華大学教授)
内 容:「近世高僧伝の流伝と変容」
◎4月例会
日 時:4月8日(土)
報告者:森田幸子(佛教大学大学院生)
内 容:「盲僧の星祭りと病気治療」
◎5月例会
日 時:5月13日(土)
報告者:本林靖久(大谷大学非常勤講師)
内 容:「真宗民俗のシンクレティズム―真宗と民俗宗教の文化変容をめぐって―」
◎第16回大会
〔会期〕2006年6月10日(土)
〔会場〕大谷大学響流館メディアホール
〔テーマ〕新しい宗教民俗論の構築―「真宗と民俗」の再検討―
〔研究発表〕
・近江の廻り道場 大谷大学大学院生 松金 直美氏
・浄土真宗系かくれ念仏と習合宗教系かくれ念仏
―年中行事の比較―  森田 清美氏
・門徒の暮らしと「民俗」 ―民俗語彙は何を表現し得るのか―
西山 郷史氏
・真宗門徒の葬送儀礼―無墓制・墓上植樹・骨掛け習俗との関連から―
 大谷大学非常勤講師 本林 靖久氏
・地域宗教誌の試み ―真宗史研究の視点から―
 同朋大学 脊古 真哉氏
・嵐を呼ぶ蛇婦 ―大蛇済度と曹洞禅、真宗―
 京都精華大学 堤  邦彦 氏
・真宗の「遊行仏」信仰―御影巡回の民俗をどう捉えるか―
 同朋大学 蒲池 勢至氏
〔特別講演〕
真宗と民俗 ―思想史の視点から
         大谷大学名誉教授 大桑 斉 氏
◎7月例会
日 時:7月8日(土)
報告者:大谷めぐみ(大谷大学大学院生)
内 容:「『本願』研究の意義と課題―杵築大社本願を事例に―」
◎8月例会
 休会
◎9月例会
日 時:9月9日(土)
報告者:石黒智教(大谷大学大学院生)
内 容:「地域修験道史研究―15〜16世紀における熊野先達と白山先達の展開―」
◎10月例会
日 時:10月7日(土)
発表者:橋本章彦(京都精華大学非常勤講師)
内 容:研究発表「境界から読む熊野観心十界図 ―創出される世界像とその唱導―」

◎11月例会(国際熊野学会・日本宗教民俗学会合同研究会)
日 時:11月25日
基調講演
「熊野信仰の成立と自然崇拝」 薗田 香融氏(関西大学名誉教授)

パネラー報告
@「熊野における自然への祈りの民俗」
濱岸 宏一(紀南文化財研究会副会長)
A「熊野の和歌」
中西 満義(上田女子短期大学教授)
B「湯立神楽と熊野信仰」
鈴木 正崇(慶應義塾大学教授)
パネルディスカッション
 パネラー 濱岸 宏一・中西 満義・鈴木 正崇
    コメンテーター 鈴木 昭英(日本宗教民俗学会代表)
司 会 根井 浄 (龍谷大学教授)
◎12月例会
日 時:12月9日(土)
報告者:小栗栖健治(兵庫県立歴史博物館)
内 容:「熊野系「浄土双六」と熊野比丘尼」

(2005年度)

◎1月例会
日 時:1月8日(土)
報告者:奥村隆彦(近畿民俗学会理事)
内 容:「梢付塔婆考」
◎2月例会
   休 会
◎3月例会
日 時:3月12日(土)
報告者:久保田裕道(東村山ふるさと歴史館学芸員)
内 容:「儀礼構造から見た三信遠駿地域の神事芸能」
◎4月例会
日 時:4月9日(土)
報告者:大森惠子(京都明徳高等学校教諭)
内 容:「祇園祭と修験―総会所六角堂頂法寺と観音信仰を中心に―」
◎5月例会
日 時:5月14日(土)
報告者:指方伊織(大谷大学大学院生)
内 容:「平安期における「一蓮托生」思想について」
◎7月例会
日 時:7月9日(土)
報告者:山本淳(立命館大学非常勤講師)
内 容:「中世注釈書の描く京都―『職原抄』関東系注釈書記載の祭祀・寺社を例に―」
◎8月例会

 休会
◎9月例会

 休会
◎10月例会
日 時:10月1日(土)
報告者:末松憲子(京都精華大学大学院生)
内 容:「相槌の稲荷開帳と狐芸の流行―明和元年の青蓮院・光則寺の出開帳をめぐって―」
◎11月例会

 休会
◎12月例会
日 時:12月10日(土)
報告者:蒲池勢至(同朋大学非常勤講師)
内 容:「真宗門徒の村と民俗―「真宗の民俗」とは何か―」

(2004年度)

◎1月例会
日 時:1月10日(土)
報告者:山本琢(大谷大学大学院)
内 容:「いざなぎ流祭文の一考察―祭文にみる近代民衆思想―」
◎2月例会
   休 会


◎3月例会
日 時:3月21日(日)
巡礼研究会・日本宗教民俗学会合同シンポジウム
 「巡礼研究の理論的展望―『聖地を巡る人と道 田中智彦論文集』を読む―」
  基調講演 小田匡保(駒澤大学)
  各論発表 中山和久(国際日本文化研究センター)
       浅川泰宏(日本学術振興会)
       原淳一郎(慶應義塾大学大学院)
  司会進行 豊島修(大谷大学)・木場明志(大谷大学)

◎4月例会
日 時:4月10日(土)
報告者:谷口勝紀(佛教大学大学院)
内 容:「『ホキ内伝』の宗教世界―「太山府君王法」をめぐって―」

◎5月例会
   休 会
◎7月例会
日 時:7月10日(土)
報告者:小栗栖建治(兵庫県立博物館館長補佐)
内 容:「『熊野観心十界曼荼羅』図像の成立をめぐって―滋賀県・興善寺本を中心に―」

◎8月例会
   休 会

◎9月例会
日 時:9月11日(土)
報告者:橋本章彦(京都精華大学(非))
内 容:「福の神・毘沙門天の成立、その序論的考察―大陸およびわが国初期の毘沙門天信仰―」

◎10月例会
日 時:10月9日(土)
報告者:中川義晶(山岳修験学会)
内 容:「三修と伊吹山修験」
◎11月例会
日 時:11月13日(土)
報告者:埴岡真弓(播磨学研究所研究員)
内 容:「熊野観心十界曼荼羅にみる説話的イメージ」
◎12月例会
日 時:12月11日(土)
報告者:日野西眞定(日本宗教民俗学会顧問)
内 容:「高野山の年中行事の修験的傾向について−正応四年の『金剛峯寺年中行事帳』とその問題点−」

(2003年度)

◎1月例会
日 時:1月11日(土)
報告者:奥村隆彦(近畿民俗学会)
内 容:「五来重先生の『佛教と民俗学』について」

◎2月例会
   休 会
◎3月例会
日 時:3月15日(土)
報告者:菊池政和(花園大学講師(非))
内 容:「清凉寺縁起管見−本縁起と略縁起というもの−」

◎4月例会
日 時:4月12日(土)
報告者:明川忠夫(近畿民俗学会)
内 容:「小町薬師の霊験伝承」
◎5月例会
日 時:5月10日(土)
報告者:斎藤英喜(佛教大学助教授)
内 容:「『いざなぎ流』研究の課題と可能性」
◎6月例会
日 時:6月14日(土)
報告者:松金直美(大谷大学大学院)
内 容:「近世越中国における真宗道場の一考察
      −射水郡葛葉村名苗家を事例に−」

◎8月例会
   休 会
◎9月例会
日 時:9月13日(土)
報告者:川端泰幸(大谷大学研修員)
内 容:「中世地域社会の境界領域と祭祀」

◎10月例会
日 時:10月11日(土)
報告者:小栗栖健治(兵庫県立歴史博物館館長補佐)
内 容:「熊野観心十界曼荼羅の図像をめぐって」
◎11月例会
   休 会
◎12月例会
日 時:12月13日(土)
報告者:日野西眞定(高野山奥の院維那)
内 容:「高野山の年中行事―特に修正会と正御影供について―」

(2002年度)


◎1月例会
日 時:1月12日 (土)
報告者:中村雅俊 (大阪市立難波養護学校高等部教諭)
内 容:「山の虚空蔵信仰・海の虚空蔵信仰」
◎2月例会
   休 会
◎3月例会
日 時:3月16日 (土)
報告者:埴岡真弓 (播磨学研究所)
内 容:「怪談・奇談の浸透と変容‐近世の怪猫譚を中心に‐」

◎4月例会
日 時:4月13日 (土)
報告者:奥野義雄 (奈良県立民俗学博物館)
内 容:「『諸国風俗問状答』に学ぶ習俗文化
               ‐節分行事とまじない習俗‐」

◎5月例会
日 時:5月18日 (土)
報告者:北城伸子 (大谷大学任期制助手)
内 容:「源信伝と往生要集の注釈書‐源信の母の詠歌をめぐって‐」

◎6月例会
日 時:6月8日 (土)
報告者:西岡陽子 (大阪芸術大学教授)
内 容:「浪花節から浪花節説教へ‐ある浪曲家の転身‐」

◎8月例会
   休 会
◎9月例会
日  時:9月14日  (土)
報告者:大谷めぐみ (大谷大学大学院)
内 容:「出雲国一畑寺史と薬師信仰−海洋信仰との関わりを中心に−」
◎10月例会
日 時:10月12日(土)
報告者:戸城三千代
 (立命館大学博士課程満期退学:法藏館編集部)
内 容:「能『柏崎』の狂女と善光寺縁起」
◎11月例会
日 時:11月9日(土)
報告者:赤田光男(帝塚山大学教授)
内 容:「南島の墓制と御嶽信仰」

◎12月例会
日 時:12月22日(土)
報告者:柳本陽平(大谷大学大学院)
内 容:「近世秋葉信仰の展開−貞享二年「三尺房ノ祭」の分析を中心に」

(2001年度)

◎1月例会
日 時:1月13日 (土)
報告者:本林靖久 (大谷大学短期大学部講師(非))
内 容:「マレビトの構造‐宮古島・島尻のパーントゥを中心に‐」
◎2月例会
日 時:2月10日 (土)
報告者:鈴木善幸 (大谷大学大学院)
内 容:「観音信仰伝播における田村麻呂伝承の機能について」
◎3月例会
日 時:3月10日(土)
報告者:上別府茂 (書林法蔵館編集部)
内 容:「”仏教民俗学”への誤解と理解」
◎4月例会
日 時:4月14日 (土)
報告者:加藤基樹 (大谷大学大学院)
内 容:「近世薬師信仰について‐民衆信仰と医薬文化‐」
◎5月例会
日 時:5月12日(土)午後2時30分〜5時30分
報告者:林淳 (愛知学院大学)
内 容:「宗教民俗学と近世諸宗教者研究」
◎7月例会
日 時:7月14日(土)14:30〜
報告者:浦西勉 (奈良県立民俗学博物館)
内 容:「奈良県における宮座の研究」
◎8月例会
   休 会
◎9月例会
日 時:9月8日(土)14:30〜
報告者:二本松康宏 (大阪外国語大学講師(非))
内 容:「真名本『曽我物語』の伝承環境―巻第六の法皇宿をめぐって―」
◎10月例会
日 時:10月13日(土)13:30〜
報告者:小栗栖健治 (兵庫県立歴史博物館)
内 容:「六十六部を描く行列絵巻について」
◎11月例会
日 時:11月10日(土)13:30〜
報告者:吉井敏幸 (天理大学歴史文化学科教授)
内 容:「今宮神社とやすらい祭・今宮祭」
◎12月例会
日 時:12月8日(土)14:30〜
報告者:村井信美 (近畿民俗学会)
内 容:「霊魂のゆくえ」