日本宗教民俗学会 本文へジャンプ
日本宗教民俗学会 会則


○総則
一、本会は「日本宗教民俗学会」と称する。
一、本会は「京都市北区小山上総町22 大谷大学平野研究室」に置く。

○目的
一、本会は宗教民俗学およびこれに関連のある諸分野の研究報告、情報交換、親睦や調査を行うことを目的とする。
一、会誌『宗教民俗研究』、および図書『日本宗教民俗学叢書』その他印刷物の編集、または刊行、並びに調査記録の作成などを行う。
一、内外関係団体との交流を行う。
一、その他、本会の目的を達成するために必要な事業を行う。

○会員
一、本会は右の趣旨に賛同した者を会員とする。会員は、会誌の配布、毎月の『通信』の送付を受け、発表や行事に参加することができる。
一、本会に入会を希望する者は、入会申し込み書に会費を添えて、本会事務局に申し込むものとする。
一、会員は本則に定める会費を納めるものとする。但し、2年分以上を滞納した場合は、会員から除くことがある。

○委員
一、本会は、総会において会員の内より選出された委員をおく。委負の任期は2年とし再任は妨げない。
一、委員の互選によって代表委員一名を選出し、総会においてこれを承認する。
一、本会の会務を円滑にするため運営委員をおく。運営委員は代表委員が委嘱し委員会で承認する。運営委員の任期は一年とし再任は妨げない。
一、運営委員は左のようにおく。
 事務局委員、会計委員、編集委員、庶務委員
 ただし、会則に定められた事業を実施するため、必要に応じて特務委員(若干名)をおくことができるものとする。
一、委員は運営委員を兼ねることができる。

○顧問
一、本会に顧問をおくことができる。

○総会・委員会
一、総会は代表委員の招集により、年1回以上これを開く。
一、委員会は、代表委員の招集により、年1回以上これを開く。

○会計監査
一、総会において会員の内より選出された会計監査をおく。会計監査の任期は2年とし再任は妨げない。

○会費・会計
一、会費は年間5000円とする。
一、本会の会費は左の項目に充てる。
 イ、会員への郵送費、『通信』『別報』などの配布物のコピー費、その他。
 ロ、会誌の刊行費
一、本会の会計年度は、侮年4月1日に始まり、翌年3月31目に終わる。

○付則
一、本会の開催日は、原則として毎月の第2土曜日の午後2時30分〜6時とし、会場はそのつど設定する。
一、本会則の変更は総会の決議による。
 本会則は1990年4月1日より施行する。
(1991年6月15日一部改正、1992年6月13日一部改正、1993年6月12日一部改正、1996年4月1日一部改正、1998年6月14日一部改正、2001年6月9日一部改正、2003年7月12日一部改正、2010年6月14日一部改正、2011年6月11日一部改正
)

2011年度 委員

顧問     鈴木昭英、日野西 眞定
代表委員  豊島 修
副代表委員 木場 明志

委員    
石橋義秀、岩鼻通明、大谷めぐみ、大森恵子、奥村隆彦、小栗栖健治、加藤基樹、菊地政和、北川央、木場明志、木村至宏、小嶋博巳、斎藤寿始子、嶋口儀秋、鈴木昭英、鈴木正崇、鈴木善幸、須田勝嶄仁、脊古真哉、高谷純夫、高橋平明、谷口貢、築山修道、殿南直也、豊島修、中川義晶、永松敦、西海賢二、西沢美仁、西山郷史、根井浄、橋本章彦、浜田全真、林淳、平野寿則、福江充、藤田定興、船田淳一、本林靖久、山本殖生、山本義孝、吉川祐子、吉田清、由谷裕哉
運営委員
◇事務局委員   石橋 義秀、大谷めぐみ、平野寿則、本林靖久
◇会計委員     菊池 政和、鈴木善幸
◇編集委員     秋月俊也、大森惠子、船田淳一
◇庶務委員     石黒智教、加藤 基樹、根井  浄、橋本 章彦
会計監査   殿南 直也、由谷 裕哉
(2011年7月現在)