日本宗教民俗学会 本文へジャンプ
2017年
大会・例会

【新着】2017年5月例会のご案内
■内 容■

「花祭」をめぐる語りと歴史―学説史を読む―

報告者

星 優也氏(佛教大学大学院文学研究科歴史学専攻博士後期課程)

日 時

2017年5月13日(土)14時30分~17時30分頃
会 場

大谷大学 教室未定(当日、大学の正門と北門に掲示します)
(京都市営地下鉄「北大路」駅下車、6番出口すぐ)


3月例会のご案内
■内 容■

「寺社巡礼と「ウタ」-酒井弥蔵の創作活動を中心に-」

報告者

鬼頭 尚義 氏(京都精華大学非常勤講師)

日 時

2017年3月11日(土)14時30分~17時30分
会 場

大谷大学 慶聞館5階 K501教室
(京都市営地下鉄「北大路」駅下車、6番出口すぐ)


2月例会

■内 容■

「観心十界図曼荼羅からよむ性愛の図像学」

報告者

鈴木堅弘氏(京都精華大学非常勤講師)

日 時

2017年2月11日(土)午後1時~午後4時
会 場

会 場:京都精華大学清風館201号教室(C-201)
http://www.kyoto-seika.ac.jp/about/map/


               2016年


2016年12月例会

■内 容■

「関西の双盤念仏」

報告者

坂本 要氏(筑波学院大学教授)

日 時

2016年12 月10 日(土) 午後2時半~午後5時半
会 場

大谷大学 響流館3階演習室 2
(京都市営地下鉄「北大路」駅下車、6番出口すぐ)


2016年11月例会(関東例会)

■内 容■報告者

①「関東における養蚕信仰の広がり―蚕影(こかげ)信仰を中心に―」
谷口悌三氏(映像作家・カイコローグ代表)
②「報恩講の歴史的考察」
高山秀 嗣氏(国立音楽大学非常勤講師)

日 時

11月26日(土)午後1時より
会 場

二松學舍大学九段キャンパス 4号館3階4031教室


2016年9月例会

■内 容■

「呪縛・護法・阿尾奢法―その特色・関連性と今後の課題―」

報告者

小田悦代氏(本会会員)

日 時

9月17日(土曜日)午後2時半~午後5時半
会 場

大谷大学


●●●2016年度大会●●●
日 時 6月11日(土) 大谷大学響流館
【午前の部】
報告者ならびに内容
①吉田唯氏(近畿大学非常勤講師)
「近世高野山における神祇信仰について―『神璽内侍所事』を中心に―」
②村田真一氏(佛教大学非常勤講師)
「『八幡宇佐宮御託宣集』における「九旬御入堂」の儀式について―中世宇佐宮八幡神をめぐる滅罪の様相と展開―」
③村上紀夫氏(奈良大学准教授)
「近代京都における地蔵会の復興」
【午後の部】シンポジウム
テーマ「〈穢れ〉をめぐる領域間の対話と議論の共有」
コーディネーター兼司会/舩田淳一(金城学院大学准教授)
テーマと報告者の紹介(舩田淳一)
第1部:パネラー報告
第1報告 片岡耕平(国文学研究資料館プロジェクト研究員)
「日本中世における穢の多様性について―他の学問分野との接点を探るために―」
第2報告 阿部泰郎(名古屋大学大学院文学研究科教授)
「穢れを負う聖たち―中世説話・縁起・僧伝に見る触穢をめぐって―」
第3報告 鈴木正崇(慶應義塾大学名誉教授)
「〈穢れ〉と女人禁制」
第2部:討論
公開講演 佐藤弘夫先生(東北大学大学院文学研究科教授)
「山・古墳・浄土-日本列島における聖地観の変遷-」


2016年6月例会

■内 容■

「日本中世の〈穢れ〉観念をめぐって―大会シンポジウムに向けて―」

報告者

舩田淳一氏(金城学院大学准教授)

日 時

5月14日土曜日 午後2時半~午後5時半
会 場

大谷大学 響流館3階 マルチメディア演習室


2016年3月例会

■内 容■

地方寺院蔵「幽霊画」と縁起伝承

報告者

堤 邦彦 氏(京都精華大学教授)

日 時

3月19日(土)14時30分~17時30分
会 場

大谷大学(教室は未定)
(京都市営地下鉄「北大路」駅下車、6番出口すぐ)


2016年2月例会

■内 容■

近世の天皇即位式と庶民

報告者

森田 登代子 氏 (特定非営利活動法人ピースポット・ワンフォー副理事長)
日 時

2月13日(土)14時30分~17時30分
会 場

下京いきいき市民センター(うるおい館)会議室4
 京都府京都市下京区上之町38番地
 TEL 075-371-8220


               2015年


2015年度フィールドワーク

テーマ:『「あえのこと」の見学と能登の宗教民俗』
日 時12月5日(土)~6日(日)
■内 容■
おもな調査日程
 「あえのこと」の見学(伝統を伝えている田中家)
 講演会と討論
  『「タンカミ」と「あえのこと」―能登を訪ねた民俗学者たち―』 西山郷史氏
12月6日(日) 海の修験道を行く
見附島~法住寺(宝立山)~珠洲焼資料館~雲津白山など。

東京例会

■内容 ・報告者■

1.「信仰とハレの食―下甑島の報恩講―」渡瀬綾乃氏(筑波大学大学院博士課程)
2.「双盤念仏の分類と構成」坂本 要氏(筑波学院大学教授)
※一人あたりの発表時間は約1時間、質疑応答を含めて1時間半を予定。

日 時

2015年11月21日(土) 131730

※通常の例会と異なり、第三土曜の開催となります。お間違えありませんよう、ご注意ください。

会 場

二松學舍大学九段校舎(1号館)内
会場:二松學舍大学九段キャンパス4号館4階4031教室
    (東京都千代田区九段南2-4-14) 
http://www.nishogakusha-u.ac.jp/a7.htm#kudan


9月例会

■内 容■

六斎念仏の研究―信仰・芸能および「伝統」の創出を中心に―


報告者

山中崇裕氏(佛教大学・院(D))


日 時

2015年9月12日(土) 14301730 


会 場

大谷大学響流館演習室3
(京都市営地下鉄「北大路」駅下車、6番出口すぐ)



2015年度
大会

■日程と内容■

9:30~9:35 開会挨拶
9:35~10:00 第1報告
 猪岡叶英氏(大阪大学大学院生)
 休憩
10:05~10:30 第2報告
 濱田 時実氏(佛教大学研究員)
 休憩
10:35~11:00 第3報告
 鈴木耕太郎氏(立命館大学大学院生)
 休憩
11:05~11:30 第4報告
 村田真一氏(佛教大学研究員)
 休憩
11:35~12:00 第5報告
 鬼頭尚義氏(京都精華大学非常勤講師)
午後の部・テーマ「日本人の他界と浄土」について
13:00~13:10 テーマと報告者の紹介
13:10~14:00 第1報告
 田村正彦氏「題目未定」
 休憩
14:10~15:00 第2報告
 根井浄氏(元龍谷大学教授)「彼岸としての架橋」 
 休憩
15:10~16:00 第3報告
 斎藤寿始子氏(児童文化研究会)「昔話にみる浄土」
 休憩(20分)
16:00~17:20 公開講演『浄土教と山岳修験』
 宮家準先生(所属:慶應義塾大学名誉教授)
17:20~17:50 総会
18:00~20:00 懇親会

開催日

2015年6月13日(土)

会 場

大谷大学学内を予定
(京都市営地下鉄「北大路」駅下車、6番出口すぐ)



【新着】
5月例会

■内 容■

賦算再考

報告者

秋月俊也氏(日本宗教民俗学会会員・大阪府)

日 時

2015年5月9日(土) 14301730 

会 場

大谷大学博綜館H303
(京都市営地下鉄「北大路」駅下車、6番出口すぐ)


2015年3月例会

■内 容■

折口信夫『山の霜月舞』を読み直す-花祭研究の課題と展望-

報告者

斎藤 英喜氏(京都府)

日 時

2015年3月7日(土) 14時30分~17時30分 

会 場

大谷大学 博綜館 H303教室


2015年2月例会

■内 容■

江戸期のツーリズム―「富士山真景之図」を参考にしながら―

報告者

渡邉秀司(京都府)

日 時

2015年2月14日(土) 14301730 

会 場

エスペラント会館3号室
京都市下京区西洞院五条上ル八幡町537-6 075-343-3120


12月例会

■内 容■

弁財天の世界 ―共同研究の総括を中心に―

報告者

大森 惠子氏(京都府)

日 時

2014年12月13日(土) 14301730 

会 場

大谷大学1号館1階  1112教室
(京都市営地下鉄「北大路」駅下車、6番出口すぐ)

※例会終了後、忘年会を開催致します。

11月例会

■内 容■

東北地方の法印様の現在―地域社会とのかかわりを中心に―

報告者

関口 健氏(山形県)

日 時

2014年11月8日(土) 14301730 

会 場

下京いきいき市民活動センター(うるおい館)別館2階会議室107
→くわしくはこちら


2014年度大会

■テーマ■

神仏祭祀の「場」と宗教民俗

シンポジウム

基調講演  森 弘子氏(福岡県)
パネリスト  小阪大氏(石川県)
        山崎一司(愛知県)
        山本義孝(静岡県)
司  会   加藤基樹(富山県)

日 時
2014年6月21日(土)  

会 場

大谷大学(確定次第連絡)
(京都市営地下鉄「北大路」駅下車、6番出口すぐ)


5月例会

■内 容■

神仏祭祀の「場」と宗教民俗の論点―越中立山を事例として―(仮題)

報告者

加藤基樹氏(富山県)

日 時

2014年5月10日(土) 14301730 

会 場

京都精華大学清風館202教室
→くわしくはこちら


2014年フィールドワーク

■内 容■

補陀洛信仰と廃仏毀釈~四国八十八霊場に学ぶ~

訪問地

高知県 足摺岬など

日 時

20143月7 ()~9日(日) 


2月例会

■内 容■

四国八十八ヶ所開創1200年――江戸時代の遍路道再現

報告者

柴谷宗叔氏(和歌山県)

日 時

2014年2月15日(土) 14301730 

会 場

大谷大学響流(こうる)館 3階 演習室
(京都市営地下鉄「北大路」駅下車、6番出口すぐ)
「真宗総合学術センター」とある建物が響流館です。


12月例会

■内 容

生成する民俗としてのアニメ聖地巡礼

報告者

由谷裕哉氏(石川県)

日 時

20131214 () 14301730 

会 場

大谷大学響流(こうる)館 3階 演習室1


11月例会
【日時】
2013年11月9日(土)14時30分~17時30分
【内容】
報告者:小泉優莉菜さん(神奈川県)
題 目:
 長崎県生月島山田地区のかくれキリシタン信仰の変容と今
【場所】
下京いきいき市民センター(うるおい館)別館2階会議室106


9月例会
【日時】
2013年9月14日(土)14時30分~17時30分頃
【内容】
報告者:鈴木 堅弘 氏(京都府)
題 目:
 『山中温泉縁起絵巻』から読み解く白山信仰
  ―温泉・遊楽地・寺社縁起をつなぐ視座から―
【場所】
大谷大学響流館3階演習室1(予定)
(京都市営地下鉄「北大路」駅下車、6番出口すぐ)


5月例会
【日時】
2013年5月11日(土)14時30分~17時30分頃
【内容】
第23回(2013年度)大会シンポジウム「円環する祈り」事前勉強会
報告者:橋本 章彦 氏(大阪府)
【場所】
大谷大学響流館3階演習室1
(京都市営地下鉄「北大路」駅下車、6番出口すぐ)
(2013/4/28更新)


3月例会
◎【日時】
2013年3月9日(土)15時00分~18時00分頃
【内容】
報告者:上野 誠 氏(奈良県)
題目:「民俗学的思考と「始原」―折口信夫の思惟から―」
【場所】
大谷大学1号館1階1111教室
 ※ 変更となっておりますので、ご注意ください。
北門(北大路通り沿い)を50mほど進み、右手(西側)の建物です。
(京都市営地下鉄「北大路」駅下車、6番出口すぐ)





【新着】

 ●●●2017年度大会●●●

■日 時■ 2017年6月10日(土)10時00分~
■場 所■ 大谷大学 響流館3階メディアホール
■報告者ならびに内容■
《受  付》 9時30分~
【午前の部:一般報告】
①数元 彬 氏(本学会会員)
「中世伊勢神宮に伝わる神話について」
②山中 崇裕 氏(佛教大学大学院博士後期課程)
「六斎念仏の成立にかんする再考察」
③石黒 智教 氏(一宮市博物館)
「尾張の一宮御師」
【午後の部:基調講演 シンポジウム】
テーマ:花祭再考 ―五来重の神霊観念を越えて―
≪基調講演≫ 13時00分~14時00分
「「花祭り」の意味するもの ―花祭りへの五来重の視点―」
山崎 一司 氏(民俗芸能学会評議員)
≪シンポジウム≫
第1部:パネラー報告 14時15分~
「神霊観念の諸相について」
コーディネーター 久保田 裕道 氏(東京文化財研究所無形民俗文化財研究室長)
「花祭の中の岩戸神話 ―仏教花から神道花へ―」
矢嶋 正幸 氏(民俗芸能学会会員)
「花祭研究の現在的課題 ―「霜月神楽」・中世神楽・祭文―」
井上 隆弘 氏(佛教大学総合研究所嘱託研究員)
コメンテーター 星 優也 氏(佛教大学大学院博士後期課程)
山崎 一司 氏(民俗芸能学会評議員)
司会      本林 靖久 氏(大谷大学非常勤講師)
第2部:討論 ~17時15分
2017日本宗教民俗学会大会プログラム
花祭シンポ要旨(久保田裕道)